外壁塗装をしよう!

時期が来たら外壁塗装をしよう!

外壁塗装のメンテナンスは必要

住まいとなれば、築10年前後で外壁塗装のメンテナンスは必要になります。その時点で、外壁塗装をしよう!と思い立って、費用がすぐに出せれば問題ありませんが、計画的に資金を貯めていなければなかなかそうはいかないものです。

マンションなら、管理組合のもとで、月々の積立金で修繕計画を立てますから、外壁塗装への準備を半ば強制的にすることになりますが、戸建てでは自分の意思で費用を捻出していかない限り、費用はなかなか貯まりません。

ヘタをすると、リフォームローンで借金をして外壁塗装をすることになるかもしれませんが、こればかりは仕方のないことだといえるでしょう。

住宅がある限り、外壁塗装はとても大事なメンテナンスとなるからです。内装より、ずっと大事だといっても良いでしょう。何しろ、外壁に守られなければ、暮らしが成り立たなくなってしまうからです。

外壁塗装をする主な目的は「防水」や「遮熱」。雨水や太陽の熱から建物を守ることになり、結果、安心して暮らしていけるということです。もし、雨水が入ってくれば、カビやシミで壁は覆われ、健康にも被害を及ぼすことになります。太陽の光によって劣化した外壁は色あせてはがれやすくなります。

何れも、木や鉄骨、コンクリートなどの建物自体の材質にも影響を及ぼすのです。このような恐ろしいことにならないためにも、外壁塗装のメンテナンス時期が来たら、すぐ取りかかれるような準備をしておくことが大事になります。

できれば屋根塗装も一緒がおすすめ

外壁塗装というと、外壁だけ塗れば済むと思うかもしれませんが、できれば屋根塗装も一緒にすると、費用とメンテナンスの手間が楽になります。

なぜなら、足場を組むことが一度で済むからです。足場代はタダではありませんから、2度の足場代の節約になります。

外壁と屋根に関連する雨樋、雨戸、軒天、破風、鼻隠しは、外壁塗装に含まれることがほとんどということもあるため、ぜひ、同時メンテナンスがおすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*