外壁塗装の最適な時期

業者の営業は通年ですから、外壁塗装の最適な時期は特にないと思っていたのではないでしょうか。あるいは、天気の良い日に行えば問題はないと思っていたのではないでしょうか。

基本は1年中できると思っても間違いではありませんが、外壁塗装の完璧さを考えれば、実は湿度や気温と微妙に関係するため、避けた方が良い時期や条件があるのです。

では、一体どのタイミングがおすすめなのでしょうか。考えてみましょう。

最適な時期というよりは、最適な環境条件

日本の季節は、春・夏・秋・冬とありますが、季節を待っていたら塗装の時期を逃してしまいそうな不安もあるでしょう。とても心配になってきますが、まず、季節のデメリット要素を見ていきます。

 

一般的に、春と秋は気候が良さそうなイメージがありますが、デメリットも存在します。確かに気温としては安定した爽やかさがあるのですが、湿度や雨、秋には台風も多い時期となっているのです。

 

次に、夏と冬ですが、暑すぎる、寒すぎるという激しい気温の変化がまずデメリットで、夏は台風、冬は雪が襲ってきます。

 

結局、デメリットの少ないのは春ということになりますが、差はほんのわずかです。結局、最適だというまでの季節はなく、時期というよりは、ピンポイントで狙っていくより手立てはないことになってしまいます。

 

しかし、そういってしまっては運・不運の問題になってしまい、現実的ではないでしょう。そこで、塗装自体が適さない条件というのを外せば、季節や日にちを神頼みにしなくても塗装は進んでいくということになります。

 

その条件外というのは、気温5度以下の時や湿度85%以上の時。もちろん、雨風の強い日や台風の日など、極端な天候も塗装作業どころではありませんから除くことになりますが、塗料の乾燥に影響するため、塗装は避けた方が良いというものです。

 

塗装作業をする昼間の時間に気温5度以下になるというのは、めったにない条件でしょう。湿度85%以上というのも、猛暑と長雨を繰り返した時でもない限り、これもめったにないこということになります。

 

そうすると、最適な時期というよりは最適な条件下のもとでいうことになってくるのではないでしょうか。

外壁塗装の時期

完璧な外壁塗装のためには細かい配慮が必要

気温の低さも湿度の高さも、要は水分の関係になります。夕方から朝方までも結露がつくことになりますので、その時間帯も注意が必要になります。

 

業者が養生をしていたとしても、万が一、水分がついてしまえばやり直すことになりますので、最適な時期を限定するのは難しいとはいえ、かなり細かく注意しなければ、完璧な外装塗装にはならないでしょう。

 

事前に塗装作業の工期予定を組んでいたとしても、悪い条件下になってしまうとたまたま工期が延びてしまう可能性はありますが、そこでの対応にもっと重要な条件があるのです。

 

それは、塗料の塗り方です。いくら環境的な条件が良くても、下地が完璧に乾いてから塗ることや、一度塗った塗料が乾いてから重ね塗りすることができなければ、どんなに環境的な条件が揃っている時だとしても、良くない結果を招いてしまいます。

 

そうなると、最適な条件下のもとで塗装作業をしてくれる(しっかりした判断力を持っている)業者、塗り方をしっかり熟知している業者でなければ、ますます完璧な外装塗装はできないということになります。

塗装条件を見極めてくれる業者が重要

外装塗装にとって、作業に最悪な日は年に数日しかないかもしれませんが、やはり、最適な条件が揃わないと、この先10年もつような外壁にはならないでしょう。

 

環境の条件、人的条件が揃うように自ら考えることはなかなか困難かもしれませんが、受け身になっていたら、それだけ外壁は経年劣化していきます。塗装条件を見極めてくれる業者が重要だということです。