「外装塗装」をしよう!

新築で戸建てやマンションを買ったとしても、すぐに外装メンテナンスの時期がやってきます。一般的には、築10年前後でその時期を迎えるといわれています。

外壁や屋根などの外装は、家の顔となる役割以外に、建物を風雨や火災・地震、外気温などから保護をしてくれる役割がありますから、外装が壊れてしまわないようにするメンテナンスが大事になるのです。

そこで、補修と美観の実現が可能で、取り替えるよりコスト面で大いに助かる、塗料を使用する「外装塗装」を見ていきましょう。

外壁塗装

外壁塗装

「外装塗装」を考えるチェックポイント

およそ築10年経つとそろそろメンテナンスを考える「外装塗装」ですが、初めて経験することとなると右も左もわからないことでしょう。では、外装のどんなところを見ればそろそろメンテナンスの時期だとわかるのか、主なチェックポイントをいくつか挙げてみます。すでに2つ以上該当するようであれば、10年目安でなくても「外装塗装」を考える時かもしれません。

  • コケや藻がついている
  • ひび割れがある
  • 塗装がはがれている
  • 目地(コーキング)が劣化(ひび割れやすき間)している
  • 外壁をはじめ、全体が色あせている
  • 塗装がふくれている部分がある
  • カビが発生している
  • 鉄部分にサビ・腐食がある
  • 外壁が一部でもひどく汚れている
  • 外壁を触ると、塗料の粉がつく(チョーキング現象)

戸建てでは自分で間近で目視チェックができますが、マンションではなかなか個人がチェックすることは難しいかもしれません。

しかし、マンションでは、管理組合がしっかりしていれば、新築時に短期修繕計画や長期修繕計画という計画が立てられているはずですから、それを目安に自分のフロアや個別のベランダなどを日々チェックしてみると良いでしょう。

「外装塗装」をしないとどうなってしまうのか

「外装塗装」をする大きな目的は「防水」です。傷んだところから水が入っていくことは、木材や鉄骨に至るすべての材質を腐らせていく恐ろしいことなのです。

 

新築から約10年が経ったからといって、すぐに目に見えた被害があるわけでもありませんから、つい甘くみてしまい、外装のメンテナンスは後回しになってしまいそうですが、チェックポイントにあるような現象を放置しておくとどんどん症状は進み、外装の劣化どころか、内部への侵食も始まり、ついには建物全体の傾きや崩壊にまで影響することになります。

 

外装の問題が家の基礎の部分をも劣化させてしまうのです。通常でも経年と共に劣化していくわけですが、「外装塗装」をしないで傷んでしまった部分は、通常のスピードを上回って劣化していきます。

 

そうなってからでは手遅れというもの。大きなリフォームを行うことになるか、建物自体を立て直すような大掛かりな工事になってしまうかで、コストも比べものにならないほどにかかってしまうでしょう。

 

そうならないためにも、定期的な外装のメンテナンスとして行う「外装塗装」は、どうしても必要になります。

絶対に失敗しない「外壁塗装」をするためには

 

建物にとって「外装塗装」が必要不可欠ならば、「外壁塗装」を依頼するためにどのようなことが重要条件なのかを考えることも必須でしょう。つまり、いつ(時期)、誰に(業者)、どんなことを(塗料の種類)、何のために(メンテナンス完了)、どのように(見積もり比較)依頼するのかなどを見極めることです。

 

素人にとっては専門知識や用語の理解が難しく、わかりにくい分野である上に、適正工事項目や適正価格がわかりません。もし、施工業者に手抜きをされたとしても、すぐ見抜くことは困難です。

 

ですから、「外壁塗装」で絶対失敗しないようにするためには、自分で情報を十分に集めて検討をし、正しい情報と誠実な専門家(業者)の下、二人三脚で進めることを、ぜひ、おすすめします。